清岸寺 瘡守稲荷神社

御由緒

 清岸寺の鎮守社ですが、境内に入ると直ぐにあり立派な設えの神社です。
 清岸寺の前身とも言える法界寺でお祀りされていたのでしょう「法界寺の瘡守稲荷」として知られていたそうです。
 祭祠など古い謂れは不詳ながら社号の通り腫物や瘡、平癒祈願のご利益があるとされ信仰をあつめたそうです。
 戦災で消失し、そのまま仮殿となっていたそうですが昭和41年、現在の社殿に復興しています。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】

【社殿】

【鎮座地】 東京都渋谷区幡ケ谷2-36

【アクセス】京王新線 幡ヶ谷駅から徒歩9分
      京王線 笹塚駅から徒歩7分

【創建】 不詳

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 清岸寺オリジナルサイト

【SNS】

地図

神社お得意のご利益

腫物、瘡、平癒祈願

参拝記

ギャラリー

関連