一心寺

鉦でお見送りしてくれるお寺

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

開基は安政の大獄でも有名な大老 井伊直弼、安政2(1855)年の開山です。当初は寺院ではなく、管理も僧侶ではなく修験者が行っていたというユニークな由緒があります。なお現在の号となったのは昭和に入ってからと言われます。
そんな関係でしょうか、まるで門前仲町の永代寺を更にコンパクトにしたような可愛らしいお寺で、御本尊は不動明王。でも江戸三十三観音の札所にもなっています。
商店街の中にあって、気づかずに素通りしてしまいそうなお寺ですが、山門をくぐれば直ぐにお不動様に近づけるありがたい聖域です。

私見ですが

Google Mapに頼りながら、何度も山門や鳥居にたどり着けなかった経験者からすると、このお寺も「あ、一筋違うんじゃね?」と山門に行き当たるまで疑いの目をiPhoneから外さずにいられなかった私です。
江戸三十三観音の札所と言うことで、てっきり御本尊は観音様だと思っていたのですが、御本尊は成田山から分けられた不動明王。それらしい。と言っては良くないかも知れませんが、暗がりに安置された仏像は見づらいながらも重々しく見守ってくれています。
お参りを済ませ御朱印をお願いすると、ご住職から「アルコールにアレルギーは?」と聴かれます。「ん?ワクチン接種みたいな」と思って「大丈夫です」と返事をすると「表・裏の表紙を消毒しますね」との事。コロナ禍にあっては念には念を入れということでしょうし、調べてみると、こちらでは毎28日の縁日にほうろく灸をしているとの事なので、健康・衛生には入念な対応をされているんでしょうね。
御朱印を頂いて立ち去ろうとすると、鉦を鳴らしてニコニコと見送って頂けました。また近くに寄った時には参拝したくなるお寺に出会えました。そして、写真を撮り忘れてしまったので、またいかなきゃです。(それまでは近くの聖蹟公園で撮影したワンコで…)

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

寺院概要

【山号/院号】 豊盛山/延命院

【宗派、御本尊】真言宗智山派/不動明王

【所在地】 東京都品川区北品川2-4-18

【アクセス】京浜急行電鉄 新馬場駅から徒歩4分

【開山】 安政2(1855)年

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】

【HP】

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

参拝記

ひと足伸ばして

ギャラリー