大森 山王日枝神社

御由緒

 創建については不詳ながら、山王権現や山王様と呼ばれてきた大森の山王日枝神社です。近隣の人たちにより日吉大社から勧請したものと考えられます。
 江戸時代、延宝5(1677)年にはこの近辺を山王村と読んでいたことから、既に鎮座していたものと考えられます。
 明治元年、正式に日枝神社と改称し、大正12年に社殿の新築を行い、村社へ列しています。
 戦災により昭和20(1945)年、爆撃を受けて拝殿は焼失し、現在見られる社殿は昭和35(1955)年、氏子一同の努力で再建されたものです。

お気に入り度
 ★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★★

神社概要

【御祭神】 大山咋命、大己貴命

【社殿】

【鎮座地】 東京都大田区山王1-6-2

【アクセス】 JR京浜東北線 大森駅から徒歩5分
       京浜急行 大森海岸駅から徒歩15分

【創建】 不詳

【社格】旧村社

【境内社】

【例祭】9月第3土曜日〜日曜日

【氏子】

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】

【SNS】

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連