太宗寺

甲州街道を見守る江戸六地蔵

御由緒

慶長元年(1596年)、太宗という僧侶が開いた草庵 太宗庵が前身だと言われています。寛永6(1629)年には安房 勝山藩主の内藤正勝の葬儀を行ったことから内藤家からの庇護を受け、寛文8(1668)年、正勝の長男重頼から寺地の寄進を受けて太宗を開山として太宗寺として創建されました。なお院号の本覚院は正勝の法名に由来しています。
 元禄4(1691)年、内藤家は信濃国高遠藩へ移封されましたが、太宗寺は高遠藩内藤家の菩提寺として、歴代藩主の墓所とされています。ただ江戸時代には約300坪もあった高遠内藤家の墓所ですが、昭和27(1952)年からの区画整理で縮小されてしまい、現在は5代目当主正勝など3基の墓石だけが現存しています。
  境内には多くの文化財が残されていますが、特に目立つのは江戸六地蔵の第三番に当たる地蔵菩薩坐像です。山門をくぐってすぐに座しているお地蔵様は、江戸へ入る甲州街道の入り口を見守るように鋳造されたものですが、その身には多くの寄進者の名前が刻まれています。
 また、地蔵菩薩の隣に建つ境内には閻魔堂には閻魔像と奪衣婆像が安置されており、閻魔様は善養寺、華徳院と並んで江戸三大閻魔とも言われています。高さ5.5mと江戸六地蔵を超える大きさで文化11(1814)年に建立されたものですが、度重なる火事や地震によって当時から残されているのは頭部のみ、身体は昭和8(1933)年に作成されたものだそうです。堂内は薄暗いのですが、スイッチを入れると明かりが灯されて閻魔様と奪衣婆の姿が浮かび上がりますし、毎年7月15日・16日の縁日には御開扉されてもいます。
 閻魔堂の反対側には不動堂が置かれています。この中に安置されているお不動様は三日月不動と呼ばれていて、額に銀製の三日月を戴いています。この三日月に堂に開けられた天窓から光が当たるようになっています。また、この堂の中に新宿山ノ手七福神の一つである布袋尊像がちんまりとニッコリと座っています。
 そしてもう一つ、不動堂の隣にある真っ白な石像に触れずに置かないわけにはいかないでしょうね。これは「塩かけ地蔵」と言って、願い事があれば塩を掛け、願い事が叶ったらまた塩をかけてお礼をするのだそうです。
 次回、お参りするときには、塩を持参します!

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★★

寺院概要

【山号】 霞関山

【院号/寺号】本覚院/太宗寺

【宗派、御本尊】浄土宗/阿弥陀如来

【所在地】 東京都新宿区新宿2-9-2

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅から徒歩2分

【開山】 寛文8年(1668年)

【ご朱印】 あり

※  寺院の他、六地蔵などあり

【ご朱印帳】 なし

【HP】 

【SNS】 なし

地図

寺院お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連

新宿山ノ手七福神

参拝記