三囲神社

御由緒

古くは田中稲荷と称した三囲神社。創立年代は不詳です。
言い伝えでは、近江国三井寺の僧、源慶がここに来て見つけた小さな祠のいわれを聞き、そして改築をしようと地面を掘ったところ壺が出土します。その中には、右手に宝珠、左手にイネを持ち、白狐に跨った爺の神像が入っていたそうです。すると白狐が突然現れ、神像の回りを3回巡って死んでしまったと言います。これが「三囲」の由来と言います。
また、この神社が有名になった逸話に元禄6年(1693)に起きた日照りがあります。この時、偶然、俳人の宝井其角がやってきます。蕉門十哲の第一の門弟とも言われる高名な俳人に土地の人達が雨乞いを請います。その請いに対し「遊(ゆ)ふた地や田を見めくりの神ならは」と一句を詠み、神前に奉りました。その翌日、なんと雨が降ってきたと言うのですね。
松阪の豪商だった三井氏が享保年間、江戸に進出すると、有名になった三囲神社が三井の本拠地である江戸本町から見た鬼門にあること、また「囲」に三井の井の字が入っていて、三井を守ると解したこともあるそうです。現在でも社域の一角には三井家当主たちを祀った「顕名霊社」があります。なお、三井系列社の総務部が「三囲会」を組織し、毎年4回、一堂に会し祭典を催していますし、また閉店した池袋三越前にあったライオン像も寄贈され、狛犬の近くで境内を見守っています。
旧来、境内は現在の牛嶋神社の隣にあったそうですが、洪水見舞われて流出した際、堤防が構築されるのに合わせて、南へ移動しています。

神社概要

【御祭神】 宇迦御魂之命

【社殿】

【鎮座地】 東京都墨田区向島2-5-17

【アクセス】 都営地下鉄浅草線 本所吾妻橋駅から徒歩10分
      東京メトロ銀座線 浅草駅から徒歩13分
       東武伊勢崎線 とうきょうスカイツリー駅から徒歩10分

【創建】景行天皇期(71-130)

【社格】旧村社

【境内社】 稲荷神社多数

【例祭】4月上旬

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 東京都神社庁

【SNS】 T

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー