吉原神社〜吉原弁財天本宮

御由緒

 吉原遊郭にお祀りされていた五つの稲荷神社(玄徳-よしとく、明石、開運、榎本、九郎助)と遊郭に隣接する吉原弁財天を合祀した神社が現在の吉原神社です。
 元和3年(1617)、幕府の許可を得た庄司甚右衛門が江戸市中に散在していた遊女屋を日本橋葺屋町の東隣に集めたものが、最初の吉原遊廓です。しかし江戸の街の発展と共に、この吉原が中心に位置してしまった事から、明暦3年(1655)に現在の台東区千束へ移転されています。このため、今でも現在の吉原地区を「新吉原」と呼んでいます。
 吉原神社を構成する5つの稲荷神社は廓の守護神として鎮座していましたのですが、明治の一村一社令から、合祀されて「吉原神社」と号されています。当初の鎮座地は吉原大門に近い玄徳稲荷社だったのですが、関東大震災で焼失し、水道尻付近の仮社殿にてお祀りしています。昭和9年(1934)に現在地へ新社殿が造営されています。吉原弁財天の合祀もこの時です。
 この時の社殿は東京大空襲で焼失しており、現社殿は昭和43年(1968)に造営されてものです。
 飛び地になっている吉原弁天元宮には、大きな観音さまが置かれています。建立は大正15年。その目的は関東大震災の慰霊です。そして、その下には小さな池で鯉が泳いでします。
 ここまでなら「ふーん」で終わりです。が、ここにはもっと大きな池があったそうです。この池、隣接するビル(元は電話局)が建築される際に埋め立てられてしまった名残なのです。つまり、もっと大きかったのですね。その池、震災で大火が起きた時に、郭の女の人達が逃げ込んだそうです。そして490人もの溺死者が…。今でも手を合わせる人たちがいます。
 が、吉原弁財天の社殿は芸大の学生さんたちによって彩られ、とても華やいだ雰囲気を生み出しています。

神社概要

【主祭神】倉稲魂命市杵島姫命(吉原弁財天)

【社殿】

【鎮座地】 東京都台東区台東2-6

【アクセス】

【創建】

【社格】

【境内社】 お穴さま、吉原弁財天本宮(飛び地)

【例祭】 4月中旬の金曜日-土曜日

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】オリジナル

【SNS】 なし

地図

吉原神社

吉原弁財天本宮

神社お得意のご利益

女性の様々の願い事、家内安全、商売繁盛、開運、財運、芸能上達

ひと足伸ばして

ギャラリー

参拝記

 千束稲荷神社からテクテクと歩いて吉原神社へ。弁財天が飛び地になっているのは初めて知ったので、御朱印を頂いてGoogleマップをあてにして更に歩くという。そんな参拝でした。
 お穴さまの祠は修繕中で、ちょっと離れたところで手を合わせ、いざ弁財天へ。
 観音様を見上げると、ぞっとするくらい澄んだ目で見返されます。そして弁財天の社殿では市寸島姫命が…。凛とした雰囲気が強い場所です。