阿波洲神社

御由緒

江戸時代の享保21(1736)年、近隣の上保谷新田が開発され、その守護のため、宝暦2(1752)年に創建されたという神社です。
 御祭神に高望王が祀られている経緯は不明ですが、この高望王は平高望としても知られ、祖父あるいは曽祖父には桓武天皇、孫には平将門公がいる坂東平氏の始祖となる人物です。
 昌泰元(898)年、上総介に任官し、任期が過ぎても帰京せず、常陸国・下総国・上総国の未墾地を開発、自らが開発者となり生産者となることによって勢力を拡大、その権利を守るべく武士団を形成して行きます。
 その後、延喜2(902)年、西海道の国司となり大宰府に移り、延喜11(911)年に没するまでを過ごしていますが、亡くなる以前、延喜3(903)年には、菅原道真が太宰府で亡くなっています。

神社概要

【御祭神】 高望王、少彦名命

【社殿】 流造

【鎮座地】

【アクセス】  

【創建】

【社格】

【境内社】愛宕神社、稲荷神社

【例祭】 9月中旬(田無神社にて)

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連