井口院

御由緒

 近隣を拓き、上連雀神明神社を創建した井口家の八郎左衛門春重は中野の宝仙寺 第十九世 清長和尚とともに薬師如来を奉安し開いた寺が井口院です。
 草創期は「神竜山開空寺威光院」と号していたのですが、寛文12(1672)年、開宮寺井口院と改め現在に至ります。

寺院概要

【山号】 神龍山

【院号】 井口院

【寺号】開宮寺

【宗派、御本尊】新義真言宗/薬師如来

【所在地】 東京都三鷹市上連雀7-26-26

【アクセス】 JR中央線,JR総武線,三鷹駅,武蔵境駅,小田急バス

【開山】 寛文12(1672)年

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 

【SNS】 なし

地図

寺院お得意のご利益

ひと足伸ばして

関連

多摩八十八ヶ所霊場

関東八十八ヶ所霊場