国分寺 元町八幡神社

御由緒

 創建の御由緒は不詳です。ただし、幕末の文書には元和年間(1615年~1623年)の頃が記載されています。また享保5(1720)年、本殿の新築が伝えられています。
 場所は国分寺断崖線の上に建つため、並んで建つ国分寺の本堂側、お鷹の道から参拝しようとすると、かなり急な階段を登る必要がありますが、アイキャッチ画像に使っているように国分寺の薬師堂側(消防署側)から境内に入ることも可能です。
 境内は小ぶりな狛犬が護っていて、てっきり幕末頃の作かと思ったのですが、まるで生きた犬をモデルにしたような丁寧な作りで昭和8年の奉納となっています。もしかしたら、奉納された方の愛犬がモデルかも…。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】

【社殿】

【鎮座地】 東京都府中市日鋼町1

【アクセス】  JR中央線、武蔵野線 西国分寺駅から徒歩12分

【創建】 不詳

【社格】 旧村社

【境内社】榛名神社、祓戸神社

【例祭】 9月18日

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー