田無山 総持寺(田無不動尊)

御由緒

詳しい創建年はわかっていませんが、元和年間(1615 – 1624)に俊栄により、谷戸に法界山西光寺として創建され、慶安年間(1648 – 1651)になって現在地へ移転したとされます。
 江戸時代には、道を挟んだ隣となる尉殿権現社(現 田無神社)の別当寺を務め、明治8年(187年)には西光寺の他、近隣にあった密蔵院、観音寺が合併し田無山総持寺と改称しています。
 境内には妙現菩薩堂がありますが、特に平将門公などとは関係性はないようです。堂内の曼荼羅は、正月の他、冬至に御開帳となります。

寺院概要

【山号/院号】 田無山/-

【寺号】 総持寺

【宗派、御本尊】真言宗智山派/大日如来

【所在地】 東京都田無市本町3-8-12

【アクセス】 西武新宿線 田無駅から徒歩5分

【開山】 元和年間(1615-1624)

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

寺院お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連

関東三十六不動尊霊場