高岩寺(巣鴨とげぬき地蔵)

御由緒

 慶長元年(1596年)、湯島で扶岳太助が開基となって創建された後、約60年して下谷屏風坂、現在の上野七丁目、岩倉高校付近に移転したそうです。そして、区画整備が行われた明治24(1891)年、現在地へと再度の移転が行われました。
 と、ここまでは調べられたのですが、本尊の由緒や開基の扶岳太助の人となりなどは不明です。
 さて、現在では「おばあちゃんの原宿」とも呼ばれ、シニア世代で賑わう門前町ですが、この理由は、このお寺と御本尊の霊験に由来していると考えるべきでしょうね。小石川に住む田付という人に妻がいて、地蔵尊を信仰していたそうです。そして正徳3(1713)年5月、男の子を出産すると重い病に見舞われてしまい、手足は「細き竹のごとく」になってしまったのです。医者の治療も効果はなく臨終を覚悟して「私の家には怨霊があって、女はみな25歳までしか生きられないと父母から聞いております。姉も25歳で亡くなりました」と言うまでになったのです。田付は悲しみに暮れながら、妻が篤く信仰する地蔵尊におすがりするしかないと考え、毎日一心に病気平癒の祈願を続けたそうです。
 そしてある日、田付は黒衣に袈裟の僧が現われ「私の像(かたち)を一寸三分に彫刻して川に浮かべなさい」と言ったのです。田付は、それは急にはできないと答えると、「あなたに印像を与えよう」といわれたところで夢から覚めたのです。そして枕元には何か木のふしのようなものが置いてあり、よく見てみると「彫ったものでも書いたものでもない」不思議な地蔵菩薩の御影だったのです。田付は夢のお告げの通り印にして、宝号を唱えつつ一万体の御影を作って、両国橋で一心に祈願しながら川に流したそうです。すると翌朝、田付は病床の夫人に呼ばれて枕元へ行くと妻は「今、枕元に死魔が現われましたが、錫杖をもった黒衣のお坊さんが、錫杖を使って外にドンと突き出してしまわれるのを見ました」と言うのです。そして死を覚悟させるほどの病状は日一日と快方に向かい、とうとう11月には床を離れ、以後、この妻は無病になったというのです。
 話はここで終わりません。田付がこの霊験の話を山高という人の家でしていました。その中にいた毛利家出入りの僧、西順が、その御影を欲しいと申し出ます。田付は西順に持っていた2枚を与えたのです。正徳5(1715)年、毛利家の女中があやまって口にくわえた針を飲み込でしまい、苦しみもがく事態が起きてしまいます。これには医者も手の施しようがありません。ところが、西順がやってきて「ここに地蔵尊の尊影がある。頂戴しなさい。」といって、貰い受けたうちの一枚を水で飲ませたのです。すると、女中は吐きもどし、その中に飲み込んだ針が、地蔵尊の御影を貫いてでてきたというのです。
 今でも、本堂で御影が頒布されていて、これを飲んだり、悪いところをさすったりして病気平癒のご利益に預かれるようです。
 
 また、境内には行列のできるスポットがあります。それが洗い観音です。境内の出店などで売られているタオルや素手で悪いところをさすって洗うことで、同様に悪いところが平癒するご利益があるそうです。
 その隣には下谷に高岩寺があったころに現れた三つ目小僧に化けて寺に悪さをした人を脅したりしたそうなのですが、次第に人々から恐れられるようになったので、小僧稲荷として祀ったものだそうです。

寺院概要

【山号】 萬頂山

【院号】

【寺号】 高岩寺

【宗派、御本尊】曹洞宗/地蔵菩薩(延命地蔵)

【所在地】 東京都豊島区巣鴨3-35-2

【アクセス】 JR山手線 巣鴨駅から徒歩3分

【建立】 慶長元年(1596年)

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 あり
※ 門前の販売所にて汎用品を頒布

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

お寺得意の御利益

病気平癒、健康長寿

ひと足伸ばして

ギャラリー