甲斐奈神社(春日居町)

甲斐国四ノ宮

御由緒

 別名「守之宮」、「守宮大明神」とも呼ばれる笛吹市の甲斐奈神社。石和の温泉郷から少し離れたところにある神社です。それほど大きな神社ではありませんが、甲斐国では一宮の浅間神社、二宮の美和神社、三宮の玉諸神社、四宮がこの甲斐奈神社とされます。ただし、式内社論社で他の甲斐奈神社などライバルが少なくありません。
 別名の「守之宮」や「守宮大明神」は「四宮(しのみや)」の訛りや、元々、ここに国府があったことから「国守の宮(総社)」の変化など色々な説があるようです。
 歴史は古く聖武天皇の御代、神亀3(726)年に創立されたと言われます。創建に当たっては国司の田辺史広足が祭主になて峡之神社と号し、後に甲斐奈神社に変えたたようです。ちなみに国司、田辺史広足は聖武天皇に神馬を献上したと伝えられる人物です。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★

神社概要

【御祭神】 彦火火出見尊、大己貴命

【社殿】

【鎮座地】 山梨県笛吹市春日居町国府361-1

【アクセス】JR 石和温泉駅、春日居町駅から徒歩約20分
      中央道 一宮御坂ICから約10分

【創建】 神亀3年(726)年

【社格】 式内社論社、甲斐国四宮、甲斐国総社論社 、旧村社

【境内社】稲荷社

【例祭】4月3日

【氏子】

【ご朱印】 あり

※ 道路を挟んだ向かいの食堂「あこがれ」にて、セルフ押印

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

まず、御朱印をいただくには、神社の斜向いにある「あこがれ」さんへ。居酒屋さんなので、朝早くの訪問は…ご迷惑だったかなぁ?と少し反省しながらの紹介です。

石和温泉郷にある神社ですから、ひと足というよりも、一晩伸ばしてみてはいかがでしょうか?実は、あこがれさんとは別に、もう一つオススメの居酒屋が「愛作」さんです。観光客だけではなく、地元の方も訪れ、いつでも満員!特に週末、金曜日に行く予定が立ったら即予約!ハズレ無しの料理を味わってください!