山中 浅間神社

御由緒

 平安時代の承平元年(931年)、地元の人達によって木花開耶姫命、天津彦々火瓊々杵尊、大山祇命の三柱の神様を勧請しお祀りした事に始まる神社です。
 江戸時代に入り、寛政4(1792)年12月20日に本殿、雨屋、拝殿の再建、石燈籠の建立が行われましたが、大正8(1919)年に火災があり全ての社殿を焼失してしまいまいた。
 これは大正12(1923)年に再建され、翌大正13(1924)年、手水舎・神輿殿の建立が行われました。
 現在の社殿は昭和47(1972)年に建築されたものです。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】木花開耶姫命、天津彦々火瓊々杵尊、大山祇命

【社殿】

【鎮座地】   山梨県南都留郡山中湖村山中11

【アクセス】 東富士五湖道路 山中湖ICから5分 (山中諏訪神社駐車場)

【創建】承平元年(931)

【社格】

【境内社】なし

【例祭】 5月5日

【氏子】

【ご朱印】 あり

※ 山中諏訪神社にて授受可

【ご朱印帳】 なし

【HP】山中諏訪神社サイト

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

隣接する形で鎮座する山中諏訪神社には、自然と足が向くので書くまでもないでしょう。

そして、少し脚を運べば山中湖はすぐそこです。

最近では外国人客も増え、少し賑やかになったとはいえ、河口湖とは少し違う別荘地の空気感を味わえるのが山中湖の良さ。小さなアトリエ、美味しいレストランも多くあります。