概要

 ニホンザル。最近では害獣扱いもされますが、今も動物園のサル山は人気スポットですよね。
 そんな猿は干支にも数えられ、親しみやすい眷属、神使です。
 日吉大社では「まさる=魔去る」として縁起の良さをアピールしていますし、この山王信仰から山の神としても尊ばれるようになったようです。このため、山王信仰の大山咋神の神使とされ、神格化された猿は、村落を外部から守る庚申信仰や塞の神、地蔵信仰とも結びついていったそうです。そして今でも路傍にある庚申塔の多くに「見ざる、聞かざる、言わざる」の三猿が彫られるようになったようです。

縁起、ご利益

 魔去るから、除災のご利益を象徴しています。

姿

 庚申塔などでみられるものは、ニホンザルをモチーフにした三猿でみることができます。また、衣装を着せるなどして狛犬の代わりに置かれる場合もあります。

観られる主な神社仏閣

山王日枝神社:猿が拝殿前で狛犬の代わりに鎮座しています

各地の庚申塔:三猿が彫られているものが多いはずです