江戸六地蔵とは

 江戸時代の宝永3(1706)年に発願して、江戸の出入口6ヵ所に丈六(1丈6尺=約4.85㍍)の地蔵菩薩坐像が江戸深川の地蔵坊正元が発起人となって寄進を集めて造立した鋳物の地蔵菩薩象です。
 神田鍋町で鋳物師をしていた太田駿河守藤原正儀が造立したもので、現存する地蔵像の高さは270cm前後となっています。
 相当に繊細な細工がなされていたようで、造立時には鍍金、今で言うメッキが行われ金色に輝いていたようです。それは300年以上経った今でも、霊巌寺の地蔵像ではわずかに痕跡を見ることができるのです。また、像の胎内には小型の銅製の地蔵菩薩坐像や寄進者の名簿など納められていたそうです。像や蓮台には寄進者の名前が細かな文字で刻み込まれていて、多くの人の期待や祈りが込められていたことが判りますし、合計すると72,000名以上の名があると言われています。

巡り方

装束

参拝方法

御朱印

 他の札所巡りのような納経帳は無いように思います。また札所としての立て札も無いようです。札所数が少ないので、あまり問題はないのでしょう。
 なお、原則として受付時間は9:00〜16:30ですので、あまり早朝や夜に押しかけることが無いようにしましょう。

寺院一覧

 街道院号・寺号宗派現存所在地
1東海道品川寺真言宗醍醐派あり品川区
2奥州街道東禅寺曹洞宗あり台東区浅草
3甲州街道太宗寺浄土宗あり新宿区新宿
4中山道真性寺真言宗豊山派あり豊島区巣鴨
5水戸街道霊巌寺浄土宗あり江東区白河
6千葉街道永代寺高野山真言宗なし江東区富岡
6の代仏浄名院天台宗あり台東区上野桜木

地図