豊玉姫命

トヨタマヒメノミコト

神様メモ

 神武天皇の父方の祖母であり、母方の伯母である豊玉姫命です。
綿津見大神とも呼ばれる海神 豊玉彦命の娘として生まれた豊玉姫。父の宮にやってきた火折尊(山幸彦)と結婚後し3年を過ごします。しかし、火折尊が故郷のことを忘れられないことを知った豊玉姫は、父に「天孫悽然として数歎きたまう。蓋し土を懐いたまうの憂えありてか」(天孫である山幸彦は度々嘆いています。故郷を懐かしんで悲しんでいると思うのです)と言った。これを聞いた海神は火折尊に故郷へと帰らせる事にします。
 火折尊が帰途につくところで豊玉姫は「妾、已に娠めり。当に産まんとき久しからじ。妾必ず風濤急峻の日を以て海浜に出で到らん。請う我が為に産室を作りて相い持ちたまえ」(私は妊娠し、間もなく出産します。そして風、波の荒れた日に海辺に出ていくでしょう。だから私のために産室を作って待っていてください)と言った。
 そして豊玉姫は言った通り玉依姫を従えて海辺に出ると。山幸彦が用意した産室に向かい「妾産む時に幸わくはな看ましそ」(私が生む時、見ないでください)と願ったのです。ですが山幸彦は盗み見てしまいます。すると豊玉姫の姿は巨大なワニに変わり、蛇のようにうねっていたのです。
 そして山幸彦に本当の姿を見られたことに気づいた豊玉姫は「如し我を辱しめざるならば、則ち海陸相通わしめて、永く隔て絶つこと無からまじ。今既に辱みつ。将に何を以て親昵なる情を結ばんや」(もし私を辱めるなら、すぐに海陸で行き交うことを止めさせ、これを長い間、交流をなくします。そして今、既に私は辱められてしまいました。何故、信頼して情けを結べましょうか)と言い、生んだばかりの子を草で包み、海辺に捨て海途を閉じて海中へと帰ってしまいます。この子が後の彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)であり、神武天皇の父となるのです。

別名、別記法

豊玉毘売、豊玉毘売命

ご神徳

金運 商売繁盛勝負・出世交通安全航海安全
旅行安全殖産興業工業農業 良縁祈願
漁業 厄除け安産祈願 子孫繁栄 子育て守護
夫婦和合家内安全 縁切り 国家安泰 健康
長寿 学問成就 開運招福 武運長久火難消除
芸能・芸術 試験合格方位除け酒造武道守護

祀られている主な神社

鹿児島県知覧町 豊玉姫神社
山梨県山中湖村 山中諏訪神社

神使

関連する神様