菩薩とは何だ!

 梵語ボーディ・サットヴァ「悟りを求めるもの」 に漢語を当てています。まだ悟りには至っていない。つまり、如来まで後一歩ということになります。

 その御姿は、古代インドの王族の姿を模していると言われ、出家をする以前の釈迦の姿に通じています。また多くの菩薩は、以下のような共通点を持っています。
 ・頭髪:結われており、垂れた部分は垂髪という肩を覆った形
 ・額:如来と同様の白毫がある
 ・頭:宝冠をかぶる
 ・耳:耳璫と言うイヤリングを着ける
 ・首や胸:瓔珞と言う貴金属や宝石のネックレスを着ける
 ・腕:臂釧と言うアームレットを着ける
 ・手首:腕釧と言うブレスレットを着ける
 ・胴体:天衣と言う肩や腕に掛ける細長い飾り布を着ける
 ・上半身:左肩から垂らされ右腰を巻く条帛という飾り布が掛けられる
 ・下半身:裳か裙という巻布を纏う
 ・足:足釧言うアンクレットを着ける
 ・台座:蓮華座と言う蓮の花を模した上に立つ。禽獣座として動物に跨る菩薩像(文殊菩薩・普賢菩薩など)でも動物の背中に蓮華座が置かれている
 ・背景:光背が置かれ、光り輝く身体を表す
全体に如来よりも装飾が多く、像としては見どころが豊富なのかもしれません。

菩薩様一覧

菩薩様は数が多いので、下は代表的な存在を取り上げています。

  • 文殊菩薩
  • 普賢菩薩
  • 薬王菩薩
  • 薬上菩薩
  • 地蔵菩薩
  • 虚空蔵菩薩
  • 弥勒菩薩
  • 観音菩薩(観世音菩薩または観自在菩薩の略)
  • 勢至菩薩
  • 日光菩薩
  • 月光菩薩
  • 持金剛
  • 金剛薩埵
  • 除蓋障菩薩
  • 般若菩薩
  • 転法輪菩薩
  • 持世菩薩
  • 毘倶胝菩薩
  • 大随求菩薩
  • 水月菩薩
  • 除悪趣菩薩
  • 四菩薩
  • 五秘密菩薩
  • 龍樹菩薩
  • 法苑林菩薩
  • 大妙相菩薩
  • 馬鳴菩薩
  • 常不軽菩薩
  • 大権修利菩薩
  • 跋陀婆羅菩薩