東郷神社

勝って兜の緒を締めよ

御由緒

 日露戦争でロシア バルチック艦隊を打ち破り、軍神として尊敬された東郷平八郎元帥。彼が昭和9(1934)年5月30日にこの世を去ると、海軍省に東郷を顕彰する神社の創建を全国の国民などから要請され、併せて献金も行われたそうです。これに海軍大臣 大角岑生が動かされ、財団法人東郷元帥記念会を設立、献金をもとに神社の創建が計画されました。
 昭和12(1937)年9月には地鎮祭が行われ、昭和15(1940)年5月27日の海軍記念日に御鎮座祭が行なわれ、創建が完了します。そして同時に府社への列格もしています。
 その後、昭和20(1945)年、別格官幣社への昇格が予定されていたのですが、3月の東京大空襲により社殿焼失、昇格が見送られています。
 焼失した社殿は戦後、復興の機運が高まると共に、昭和33(1958)年に奉賛会が結成、昭和39(1964)年に社殿が完成しています。
 その後、平成元年(1989年)2月、東郷神社爆破事件が起きています。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

【御祭神】 東郷平八郎命

【社殿】

【鎮座地】 東京都渋谷区神宮前1-5-3

【アクセス】 JR 原宿駅から徒歩10分

東京メトロ千代田線 明治神宮前駅から徒歩7分

JR 渋谷駅からバス 神宮前6丁目から徒歩すぐ

【創建】 昭和15年(1940)

【社格】旧府社、別表神社

【境内社】

【例祭】 5月28日

【氏子】

【ご朱印】 あり

※  東郷神社ハローキティ御朱印帳限定の御朱印あり

【ご朱印帳】 あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー