佐竹稲荷神社

御由緒

寛永12年(1635)、秋田の佐竹藩江戸屋敷に対する鬼門除けとして稲荷社を勧請し、建立したものが、今の佐竹稲荷神社の始まりと言われます。
 天保2年(1831)に起きた大火によって佐竹藩江戸屋敷が移転し、町屋となります。この事で社殿が町人たちによって再建され、火伏の守護神として信仰されるようになりました。
 しかし戦災により全焼し、昭和30年(1955)、総檜御霊屋造で本殿が再建されています。

神社概要

【御祭神】 宇迦之御魂神

【社殿】

【鎮座地】 東京都千代田区内神田1-6

【アクセス】 JR山手線 神田駅から徒歩1分

【創建】 寛永12年(1635)

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】 

【ご朱印】

※  特記なし

【ご朱印帳】あり

【HP】 

【SNS】 なし

神社お得意のご利益

火伏せ

ひと足伸ばして

ギャラリー

参拝記