八津御嶽神社

コンクリート打ちっぱなしの洒落た神社

御由緒

 地下鉄 中野坂上駅から神田川を下ったところにあるコンクリート造りの建物が八津御嶽神社です。実際の神殿は建物の中の2階に鎮座していて、開放された入り口から案内されての参拝となりました。
 神殿前でのレクチャー(?)では、この建物になってからすでに20年が経っているとの事ですが、モダンな作りは、神社らしからぬ雰囲気に包まれた白木の社殿とが、ものすごいコントラストです。
 神社は山梨県南巨摩郡南部町を本宮とする八津御嶽神社の分社だそうです。

お気に入り度
 ★★
雰囲気
 ★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】 主祭神 元無極体天御中主国常立之尊産土之大御神、祭神 大国主之命事代主之命、大己貴之命、少名彦之命、天津児屋根之命、天津大山祇之命

【社殿】

【鎮座地】 東京都中野区本町2-7-6

【アクセス】東京メトロ丸ノ内線 中野坂上駅から徒歩5分

【創建】 詳細不明

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】

【HP】 オリジナル

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

参拝記

 御朱印帳を預け、その書き上がりの間、神職様からのレクチャーです。本社は山梨の身延の更に先にあること、名古屋などにも本部があることなどを伺います。
 とても丁寧なお話だったのですが、端々にテレビで紹介されたことが挟まれます。正直、小さな、地域の人しか知らない神社にも興味津々な私には、テレビで紹介されていることは余り興味がなく(ごめんなさい)、聞き流してしまいました。

ギャラリー

関連