瀧野川八幡神社

鬼滅の刃「胡蝶さん」の産土神

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

創建は、鎌倉時代前期の建仁2(1202)年とも、あるいは「江戸誌」によれば文治5(1189)年に源頼朝が勧請したとも言われています。なお、本書では、前者を採用しています。
現在見られる本殿は、明治18(1885)年に改築されたもので、総欅造りで、拝殿は大正11(1922)年に修築されたものです。
社殿裏手には、縄文後期の住居跡や貝塚が見つけられていて、古くから生活の場、祈りの場であったことが忍ばれます。
鳥居をくぐり、拝殿に向かう途中に大きなムクの御神木があり、樹齢は150年とも言われているそうです。
さて、お参りをした拝殿の左手には社務所があり、御朱印などは、こちらで頂くことができます。また、拝殿右手の奥まったところに境内社があり、一見すると稲荷社のように見えますが、稲荷・冨士・榛名の三柱が祀られています。末社としては、かなり立派な設えで、こういう境内社にお詣りすると拝殿と同様、背筋がピシッと伸びる気がします。
なお、この社務所は終戦の直前まで、旧中山道に面した滝野川三軒家の種子問屋が中心となってできた「東京種子同業組合」の会合場所として利用され、会合で滝野川のごぼうや人参、練馬大根の種子の価格が決められていたそうです。
また、最近ではブームとなった鬼滅の刃の「胡蝶しのぶ」の産土神と設定されていて、冨岡義勇の中野区 沼袋氷川神社と同様、聖地となっているようですね。

私見ですが

実は、御朱印集めを始めた10年ほど前から参拝したかった神社なのです。が、自宅からの交通の便などから、先に先へと時間ばかりが経ってしまい、ようやく2022.7に初参拝が叶いました。
「八幡通り商店街」と書かれた街灯などの垂れ幕がなければ道に迷いそうになるほど、ちょっと入り組んだ商店街+住宅地の細い道を歩いていくと、突然、目の前が開けるようにして八幡さまが目に飛び込んできます。まだまだ北区には弱いサイトですが、今後、もう少し力を入れたくなる。そんな気にさせて頂いた神社です。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★

神社概要

【御祭神】品陀和氣命

【社殿】

【鎮座地】 東京都北区滝野川5-26-15

【アクセス】都営地下鉄 三田線 西巣鴨駅から徒歩7分
JR埼京線 板橋駅から徒歩9分

【創建】 建仁2(1202)年

【社格】 旧村社

【境内社】稲荷神社・富士神社・榛名神社

【例祭】9月15日

【氏子】

【ご朱印】 あり

※ 期間限定など多種あり。一部、書き置きにて対応。

【ご朱印帳】 あり

【HP】 オリジナル

【SNS】 Instagram

地図

神社お得意のご利益

勝運

ひと足伸ばして

ギャラリー

関連