新たなパワースポット「一福の松」

御由緒

 創建の経緯は不詳ですが、もとは神明社として建立されたと言います。その後、八幡神社、更に天神社、第六天社が合祀されているようです。
 境内は、用賀駅に繋がる交通量の多い交差点からさほど遠くないのですが、独特の静寂さがあり、また近年は社殿前の松の木にコブが現れ、これに触れると子宝に恵まれるなど「一福の松」としてパワースポット化もしてきています。

お気に入り度
 ★★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★

神社概要

用賀神社

【御祭神】 天照大神応神天皇、仲哀天皇、神功皇后

【社殿】 木造神明造

【鎮座地】 東京都世田谷区用賀2-16-26

【アクセス】 東急田園都市線 用賀

【創建】 不詳

【社格】

【境内社】 稲荷社、三峯神社

【例祭】 10月10日前後の週末

【氏子】 用賀1-4丁目、上用賀1-6丁目、玉川台の一部

【ご朱印】 あり

※  特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】 なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

最近、ちょっと話題のパワースポットが、この一福の松。元は夫婦松として植樹された松ですが、8年ほど前から幹にコブが現れました。

そのコブに触れながら、お願いをすると…。

最近、用賀神社にお参りする方が増えた感じを受けるのは、木のせいでしょうか?

ギャラリー

力石