糟嶺神社

御由緒

 高さ二間一尺、根回り七十間余りと言われるの墳陵の上に鎮座する糟嶺(かすみね)神社は、元々、この墳丘の下に置かれていたようです。宝暦八年になって、現在地へと遷座したと伝わっています。
 現在は國領神社の管理社となっていますが、明治6年12月、村社に列せられている由緒ある神社です。
 御祭神には糟嶺大神が祀られており、農業の神様とされているのですが、こちらも詳細は不明です。

神社概要

【御祭神】 糟嶺大神

【社殿】

【鎮座地】 東京都調布市入間町2-19-13

【アクセス】  京王線 つつじヶ丘駅から徒歩17分
          柴崎駅から徒歩23分
       小田急線 成城学園前駅から徒歩27分

【創建】 不詳

【社格】旧村社

【境内社】稲荷神社、秋葉神社

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】 あり

※ 折々に変更あり

【ご朱印帳】 あり

【HP】 國領神社

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

農耕守護(五穀豊穣)、延命長寿、無病息災、国土平安、生命力向上、厄除け開運、縁結び、心願成就

ひと足伸ばして

ギャラリー