銀座 東稲荷(あずまいなり)神社

サイト管理者からのお願い
 このサイトは個人で作成運営しております。至らぬところから誤記等がありましたら問い合わせよりご連絡を頂きたくお願い致します。
 また運営費用捻出の為、可能でしたら表示される広告のクリックを頂けますと幸いです。なお広告はGoogle社より提供されているものであり、一定の審査を経ての表示となります。

御由緒

 創建等の詳細は不明ですが、こちらも銀座のお稲荷さんらしく、裏路地にひっそりと鎮座する小さなお稲荷さんです。
 ただ、ちょっとした逸話が

戦後、メインストリートとして発展した あづま通り・三原小路に火災が続発し、町内の者も不思議に思い調査の結果、この一角にお稲荷さんが祀られていた事が判明。

そこで町内一同相談の上、京都伏見稲荷講中をつくり あづま稲荷大明神と命名 京都伏見稲荷大社にお参りし、御霊を頂き 氏神様山王日枝神社に御祈祷を願い致しましたところ、以後全く火事にあわず霊験あらたかに今日に至っております。あずま稲荷神社

神社縁起

 つまり、一旦は忘れさられていた神社なんですよね。「忘れてんじゃないよ!」と怒られて火事が起きていたんでしょうか。でも、その後は、飲食店も並ぶ東通りで火事が無いというのですから、きちんとお祀りすれば火伏せのご利益を頂けるんですから、お稲荷様のツンデレっぷりがものの見事に現れているような。
 また、盗難除などのご利益もあるというので、物騒な事件が多い中、一度、足を運んでみては如何でしょうか。

私見ですが

 放置していたら火事が頻発するなんて、お稲荷さんの祟りだ。と言うのは勝手ですが、むしろ、それだけ街の空気が淀んでいたのではないかと思うのです。窓割れの論理というのがありますが、些細な穢れを放置することで、街全体が無法地帯化する状況すらあります。つまり、祟られる前に自分たちで火事(放火とかも)が起きやすい状況を作り出していた。そこに忘れられていたお稲荷さんを思い出して、お祀りをし直す、するとお稲荷さんの近くを掃除し始めて、清浄な空間が広がる。昔、ニューヨークが無法地帯から治安の良い街へと変貌した時のストーリーを思い起こしながら、神社があること、そしてその神社をお守りすることの効能を人間の行動から考える機会になりました。

お気に入り度
 ★★★
雰囲気
 ★★★
アクセス(駅近、駐車場など)
 ★★★★★

神社概要

【御祭神】倉稲魂命

【社殿】

【鎮座地】 東京都中央区銀座5-9-19

【アクセス】東京メトロ 銀座駅から徒歩3分
      東京メトロ 東銀座駅から徒歩4分

【創建】 不詳

【社格】

【境内社】

【例祭】

【氏子】

【ご朱印】

※ 特記なし

【ご朱印帳】 なし

【HP】なし

【SNS】 なし

地図

神社お得意のご利益

ひと足伸ばして

ギャラリー